辺辺
a sight of Kesen J

            あだりほどり
   気仙・辺辺の四季


   幻の魚「マツカワ」


我が輩は、カレイの仲間である。
三陸の荒波で育った。せりのもよう
魚体はこってり肉厚で、ふつうのカレイに比べて丸みが強い。
脂が乗って、シコシコ、コリコリ。
この歯ごたえが、すっごくたまらない。
今では「幻の魚」といわれるほど高級で、大船渡魚市場にも年間、何枚も上がらないという代物だ。
目のある方から見ると、縁側のヒレ縞が大きな特徴といえる。
その裏を見ると、丸い黒点がボッツ、ボッツある。
ウロコが荒く、まるで『松の皮』を思わせる。
それで、この名がついたという話もあるくらいだ。
気仙地方では「タカノハ」と呼ぶ方が、ピンとくるかもしれない。
やはりヒレが鷹の羽に似ているからだろうか。
これによく似た魚で「ホシガレイ」というのがある。
ヒラメと同じくイトコみたいなものだ。
東京あたりでは、このマツカワを刺身や唐揚げにして食べさせる料亭もあることをまつかわ聞いた。
『キビラメ』と珍重され、黄色味がかったオスの方がとくに旨いらしい。
メスの方は腹が色白で見た目はいいのだが、どういうわけかマズい。
食通にいわせると、これほどオス、メスの味がはっきりしている魚も珍しい。












本辺辺(あだりほどり)に関するご意見等は
下記まで若しくは弊社mailでどうぞ。

著作 株式会社東海新報社
0192−27−1000
FAX 0192−27−2154
Dr    大谷俊彦
イラスト  庄司暁子
デザイン 佐藤千香子

98/07/02



OFUNATO SAITOUSEIKA