辺辺
a sight of Kesen N

            あだりほどり
   気仙・辺辺の四季


   碁石八勝




三陸海岸を代表する景勝地「碁石海岸」は
国立公園にふさわしく奇島・怪岩の多いことでも知られている。碁石岬の略地図
長い年月の海食現象で一つ一つがユニークで
ダイナミックな造形美を誇っている。
「碁石八勝」といってとくに八ヶ所の
見どころがあるという。
「碁石浜」「恵比寿浜」「碁石岬」「千代島」
「乱暴岩」「穴通磯」「赤土倉」で八つ。
中でも岩に三つの穴があき
そのトンネルを小舟が行き交う
「穴通磯」は自然のつくりだした芸術品。
その奥深い美しさに心も洗われる。
海岸遊歩道からすぐ間近に望める
「千代島」も奇島のひとつ。
碁石海岸最大の島で屏風のような
直立断崖が圧巻だ。
碁石レストハウスの佐々木昭夫さんが
「海で遭難した人を供養するため
島にお経を上げたことから地元では
経島と呼ばれていた。
引き潮の時は歩いて島に渡れますよ」と教えてくれた。
「アンコアキラメロ岩」「じんつぁまころがし」「サルッペ・・」
碁石にはまだまだ由来伝説のある怪岩、地名がたくさん残っているが
「それを知っている古老たちも年々少なくなってきた」と佐々木さん。
今は湾口防波堤の一部となっている「トンボロ」は、イタリア語で「陸繋(りくけい)島」の意味があるそうだ。
かって外海から入る波と湾内から押す波が微妙なバランスをとり、小島と陸が
細長いジャリ浜でつながっていた。
「千代島」、そして「トンボロ」にも”珍島物語”があった。

穴通磯





本辺辺(あだりほどり)に関するご意見等は
下記まで若しくは弊社mailでどうぞ。

著作 株式会社東海新報社
0192−27−1000
FAX 0192−27−2154
Dr    大谷俊彦
イラスト  庄司暁子
デザイン 佐藤千香子

98/08/16



OFUNATO SAITOUSEIKA