辺辺
a sight of Kesen41

            あだりほどり
   気仙・辺辺の四季

         

   山菜あれこれ


春の楽しみといったら山菜採りに限る。タラの芽
山に入ると、コゴミに始まりタラの芽、シドケ、アイコ、ワラビ、ゼンマイと六月まで個性的な旬の香りが味わえる。
「今年は気候のせいか、生長はやや遅れ気味。
例年だとゴールデンウイークには終わっているタラの芽も奥山に入ればまだお目にかかれる」というのは山で出合った山菜採りのベテラン・住田町下有住の高橋さん。
タラの芽」───タラッポの愛称で呼ばれている。
受難の季節はこの五月。
鋭いトゲで武装しているが、ナタやカマで幹ごとバッサリやられてはたまらない。
「手袋は皮製、履物は長靴ではなく冬用のスパイクのついたものが滑りにくい。
来年のためにも芽を残して切ってほしい」とマナーを説く。
高橋さんシドケ───ほろ苦く、トロリとした味わいの中にサクッとした歯ごたえにファンも多い。
日陰で杉山で湿地がポイント。山菜取り
開くと葉が紅葉に似ているのでモミジガサとも呼ばれているが「できるだけ閉じたままの若芽を採り、手早く茹でて水にさらすのがコツ」という。
アイコ───このトゲに刺されると、猛烈な痒みと痛みにおそわれる。
これが食べるとなかなかうまい。
山菜の中で、これをベストにあげる人もいるほどだ。
南に面した、湿地の多い斜面に生える。
「クマの好物なので、アイコに合いたければ、クマに注意を」と高橋さん。
ワラビ───「五月のワラビは嫁に食わすな」「ワラビは八年前の古傷を出す」「ガンになりたきゃワラビを食え」など、なぜかワラビのほめ言葉は少ない。
「保存は利くし、あく抜きすればいつでも美味しい。山菜の王者ワラビに、ほかの山菜が嫉妬しているのかも」と笑った。











本辺辺(あだりほどり)に関するご意見等は
下記まで若しくは弊社mailでどうぞ。

著作 株式会社東海新報社
0192−27−1000
FAX 0192−27−2154
Dr    大谷俊彦
イラスト  庄司暁子
デザイン 佐藤千香子

2000/5/14



OFUNATO SAITOSEIKA