辺辺
a sight of Kesen49

            あだりほどり
   気仙・辺辺の四季

         

  チカ釣り 


透き通るほどに美しく、まるで氷細工を思わせる冬の魚、ワカサギ。チカ釣り
気仙地方ではチカと呼ばれ、防寒具に身を包んだ釣り人たちが、岸壁で竿を上げ下げする様子は、厳冬の風物詩にもなっている。
漢字で「公魚」と書く。
徳川将軍に献上したところ、お気に召され「御用魚」すなわち「公魚」となったとか。
海水に生息するものと、淡水で一生を過ごすものと二種類ある。
氷湖に穴を開けて釣るのがワカサギで、海に出たものがチカと教わったが、どうやら同じ仲間らしい。
朝日に金色の鱗がチカチカまぶしく光るから、この辺ではチカの名前がついているのだろうか。
とにかく姿がやさしく、背ひれと尾びれの間にある指びれが特徴。
アユやシシャモとも遠い親戚にあるという。
気仙地方では、短い竿で小エビに見立てた擬餌針をつけるか、オキアミを針につけたり、撒き餌にしてシャクリ上げるのが最もポピュラーなチカの釣り方。
体長は、せいぜい十センチから大きくても十五センチくらいだから、ヒキを楽しむというよりは、何匹釣れるかが醍醐味だろう。釣果
何しろ、調理して天ぷらやフライにすると、これがまた淡白な味で美味しい。
本番の寒い時期になると、内陸部から遠来のお客様も訪れる。
せっせと釣って、数時間でバケツ半分くらいという光景も見られる。
どうです。
晩飯のおかずにフラリと家族連れで海辺へいらしては。
厳冬の一夜、チカの天ぷらで熱燗イッパイもいいですよ。













本辺辺(あだりほどり)に関するご意見等は
下記まで若しくは弊社mailでどうぞ。

著作 株式会社東海新報社
0192−27−1000
FAX 0192−27−2154
Dr    大谷俊彦
イラスト  庄司暁子
デザイン 佐藤千香子

2001/1/7



OFUNATO SAITOSEIKA