辺辺

a sight of Kesen68

           
   

         

      


住田町の夏を彩る地域活性化イベント「すたーうおっちんぐ」が今年も八月十、十一日の二日間、種山ヶ原で開かれる。種山ヶ原
夜空に宝石のように輝く星の下で夏の一夜を語り明かしながら心と町の活性化を図ろうと昭和六十三年にスタートした。
種山ヶ原は宮沢賢治がこよなく愛し「銀河鉄道の夜」や「風の又三郎」などの舞台になったところ。
雨にも負けず、大成功を収めたこのイベントを継続させたいという願いが叶い、翌年に国から「ふるさと創生基金」がポンと交付された。
町では創生事業に町民から公募した提言をすべて反映できる「無限会社天・地・人〜エンドレスプラン」を採用。
天・地・人の三つの事業部からなるユニークな町おこし運動体が、多彩な事業を展開している。観測の模様
このうち、天事業部は星と空を担当し、種山ヶ原に集まる全国の中間達に星めぐりの旅をエスコートしてくれる。
アイボリー色のボディーに星型のキャラクターがトレードマークの「アストロカー」。
223cm反射望遠鏡が搭載されいつでもどこでも月や惑星をとらえることができる。
「望遠鏡をのぞいている星の名は『たねるくん』。
ケセン語で『たねる』は探すとか訪ねるという意味。
星をさがすボクたちのシンボルです」ち声を弾ませるのは天事業部のメンバーでつくる“星下村塾”の若者たち。
レンズの向こうにキラキラ光る塾生たちの夢が重なって見えてきた。
エンドレスプランはまだまだ続く。









本辺辺(あだりほどり)に関するご意見等は
下記まで若しくは弊社mailでどうぞ。

著作 株式会社東海新報社
0192−27−1000
FAX 0192−27−2154
Dr    大谷俊彦
イラスト  庄司暁子
デザイン 佐藤千香子

2002/8/4


OFUNATO SAITOSEIKA